宅部池のかいぼり
 都立狭山公園、宅部池の“かいぼり”を見に行ってきました 
かいぼり(搔い掘り)とは、農業用の ため池を維持するため、水を抜いて点検したり、たまった土砂を除く日本の伝統的な管理方法だそうです。池の底を天日に干して浄化したり外来種の駆除に効果があるのですね。
池に入っている人たちは皆ドロドロ。初めて見に来ましたが、とても大変な作業のようです。


外来種とは


宅部池の外来種


ミシシッピアカミミガメ
実際 宅部池からあがったオオクチバスやウシガエル、ミシシッピアカミミガメなどがずらりと並んでいました。外来生物は皆でかい・・・


外来生物



里山の外来種問題


宅部池のかいぼりは6年前にも実施されているのですが、今回また多くの外来種が上がっているようです。そんなにしょっちゅうこんな大変な作業をしなければ外来種が増えてしまうのですね・・・。とても心が痛みます。ペットとして飼っていて飼いきれなくなり逃がしたりするのは絶対やめてほしいです。




  カフェはづきに寄りましたが、貸切でした~~ケーキ食べたかった。仕方ないのでコンビニで雪見だいふくのクリームチーズ味を買って家で食べました