トミィの、湖畔でアーツ&クラフツ

イラストレーター 十実苡(トミィ) のブログ。 日々の暮らしや周りの自然、創作の様子を綴っています♪

狭山丘陵

早稲田大学

早大調査室
 今日は、早稲田大学所沢キャンパスへ行ってきました 
早稲田大学所沢キャンパスは狭山湖のほとりにあり、人間科学部、
スポーツ科学部の学生が通っています。
スポーツ科学部に在籍している瀬戸大也くんに会いに・・・
ではなく、キャンパス内の里山の見学に行ったのです。


早大
早稲田大学所沢キャンパスが出来たのは1987年。
敷地面積は約12万坪。
開発の際には、自然保護の観点からいろいろ問題になったようです。

大学の建物は、鳥がぶつかりにくいように壁が工夫されていたり 


B地区
湿地の近くの電灯は、明かりが生き物に悪影響を与えないよう暗めに
設定されていたり明かりが広がらない形になっていたりしました。

B地区の田んぼ
夕暮れが早いです・・・


B地区湿地
 11月終わりなので目立った生き物には出会えませんでしたが、
早稲田大学自然環境調査室の活動を聞けたり、普段一般人が立ち入
れない湿地帯を歩けて、いい勉強になりました













 

狭山丘陵

いきものふれあいの里
 涼しくなってきましたね~   好きな季節です。
いきものふれあいの里センターへ行ってきました  
狭山丘陵のいきものふれあいの里センターは、トトロのふるさと財団が埼玉県から
委託を受けて管理している施設で、所沢市荒幡の山の中にあります
 

狭山丘陵の広さは3200ヘクタール。たいしたことないじゃんと思う方がいるかも
しれませんが、都会に近い場所にこれだけ自然が残っているのは本当に貴重だし
寄付する方やボランティアの方、地元の方たちの努力のたまものです。
トトロの森、今月 31号地が増えたそうです!

狭山丘陵

ホンドギツネ,
3年前に市内で事故にあったというキツネの剥製が展示されていました。
タヌキはたまに見かけるし、アライグマが罠にかかったという話も聞きますが、
キツネもまだいるんですね~嬉しいです 
ほっそりしていて、うちの柴犬より華奢です。




オオタカやキツネやたぬきが普通に暮らせるのが自然であって、
人間がこんなにのさばっている方が不自然、という気がします・・・
 

ビアトリクス・ポター

ポター資料館
 埼玉県こども動物自然公園の中に、ビアトリクス・ポター資料館があり
ます  
 ビアトリクス・ポターは、1866年生まれのイギリス人で、
ピーターラビットの作者です。
ピーターラビットのファンはここを知っていると思いますが、美術館とい
う名ではないし、企画展をするわけでもないし、
子連れで動物園に来た人もあまり立ち寄らないようで
いつ行ってもひっそりとしています。
のんびり展示が見れるし、夏は涼しすぎるくらい冷房が効いていて、
オススメです 
建物は、ビアトリクス・ポターが住んでいた農家をモデルに造られていま
す。ビアトリクス・ポターは、相続した遺産と絵本の印税で
イギリス湖水地方の土地をいくつも買い取り、ナショナルトラスト運動を
支援し、湖水地方原産の羊や 自然を保護した人としても
知られています 
 
狭山丘陵の自然保護運動も、彼女の自然保護運動をモデルにしている
と聞きました。宮崎駿さんもかなり出資してくださっていて、
彼抜きには立ち行かないほどだとか。
狭山丘陵のナショナルトラスト運動は 『 トトロのふるさと基金 』 とい
う名前で、今までに4億円以上集まり、29ヶ所買い取られて
トトロの森と名づけられています。

トトロの森

イギリスの湖水地方には及ばないですが、多摩湖と狭山湖の周りに広が
る狭山丘陵の自然がいつまでもなくならないでほしいと思います

 
ギャラリー
  • 檪
  • 檪
  • 檪
  • 檪
  • 大・地図展
  • 大・地図展
  • 大・地図展
  • 大・地図展
  • 大・地図展